不動産を相続したら、所有権移転登記を早めに済ませましょう。 登記は、その不動産がある地域を管轄する法務局で行います。 遺産分割によって不動産を取得した場合は、登記申請の際に、登記原因証明情報として遺産分割協議書や遺産分割 […] 遺産分割協議書に印鑑証明書の添付が必要な理由. 遺産分割協議書が不要なケースを教えてください遺産分割協議書はほとんどの相続で作成される書類ですが、次のような場合には作成されないことがあります。相続人が一人しかいないケース遺産分割協議書は、相続財産の帰属(誰が引き継ぐか)を 遺産分割協議書は私文書ですので、本当に遺産分割協議書に相続人全員が署名押印したかどうかを、役所などが知ることができません。 そこで、 相続人全員の 印鑑証明書 を添付することで、相続人全員でその協議書を作ったことを証明する ことになりました。 母が先に死亡し、その後母方の祖父母が死亡しました。本来なら、祖父母死亡時に遺産分割協議書を作り、私どもの承諾と印鑑が必要なはずですが、何の連絡もありませんでした。祖父母は資産家で、叔父は相続税の支払いに苦しんだと言ってい

遺産分割協議の当事者が死亡したとしても、その協議の効力が失われることはありません。また、遺産分割協議書に付ける印鑑証明書に期限はありませんから、すでにある遺産分割協議書(および印鑑証明書)により、相続登記が可能であるわけです。 遺産分割協議書に添付する印鑑証明書の有効期限は特に決まりはありません。 売買や贈与などによる所有権移転登記だと発行後3ヶ月以内の印鑑証明書を添付する必要がありますが、相続登記においてはそのような期限がないからです。 高額なお買い物をするわけでもないのに、なぜ遺産分割協議書に印鑑証明書を添付しなければならないのでしょうか? ここでは、その理由について説明していきます。 そもそも遺産分割協議書とは? 建物引渡証明書、遺産分割協議書、特別受益証明書及び法56条等の承諾書に添付する印鑑証明書の発行年月日は、当該書面の作成年月日以前であっても差し支えない(登研402号)。 印鑑証明書の添付を省略できる場合. 遺言書・ 遺産分割協議書 (法定相続分での登記の場合には不要となります。名義変更をしようとしている相続人に不動産の所有権があることを証明します。7.相続人全員の印鑑証明書(6の 遺産分割協議書 に基づく登記の場合に必要となります。8.9. 申請人の印鑑証明書は不要 . 遺言書・ 遺産分割協議書 (法定相続分での登記の場合には不要となります。名義変更をしようとしている相続人に不動産の所有権があることを証明します。7.相続人全員の印鑑証明書(6の 遺産分割協議書 に基づく登記の場合に必要となります。8.9. 遺産分割協議書を添付して相続登記を申請する場合は 申請人を除く 遺産分割協議書全員の印鑑証明書を付ける必要があります。(先例) これを具体的な事例で考えてみますと . そのため、受け取る相続人が協議をする必要性がなく、協議書の作成も不要なケースがほとんどです。 しかし、遺言書の内容に不備があるようなケースでは注意しましょう。実際に、多くの遺言書で不備が発生しているのです。遺言書というのは、所定の形式に則った形で作成しなければ法的� 遺産分割協議書に添付する印鑑証明書の有効期限について司法書士が解説しています。法律上は、遺産分割協議書に付ける印鑑証明書に有効期限の定めはありません。ですが、手続きの内容によっては3か月(6か月)以内という期限が決まっていることもあります。