文構世界史で1番大切なこと、それは「基礎力」です。 基礎力といえば単語?教科書? 世界史は、一つの大問で広い範囲で問題を聞いてきたり、細かいことを問われるので、教科書隅々まで網羅しないと解きづらいかも。勉強してて、答え合わせで終わりではなく、その答えの全体像を理解しているかが重要。

早稲田大学商学部の世界史の傾向 . 早稲田大学社会科学部ではアフリカ史が出題された実績もあるので、上記の歴史の順番を何周もしてどこの国が出ても答えられるようにしてくださいね。戦後については、学校で使用している世界史の教科書だけでは対応できないかもしれません。
早稲田政治経済学部生が教える、独学でも4か月で50点伸びた世界史勉強法 最初は予備校の授業を受けているだけでしたが、通史を終わらせた後でも成績はまったく伸びず、むしろ4月のセンター模試では点数は下がりすらして結果たたき出したスコアはなんと40点台。 試験時間は60分ですので、1題あたり約1分強という計算になります。. 早稲田大学商学部の世界史で合格点を取る対策&勉強法 . 世界史. 問題構成については大問4題、小問が50題です。. 解き直しや振り返りよりも、メインのテキスト(教科書など)と一問一答で基礎力アップにつとめましょう。 早稲田 文構 世界史の勉強法.