今回は、麒麟がくる大河ドラマ第16話のあらすじネタバレを記事にまとめました。 16話の内容は、高政が弟の喜平治や孫四郎を殺してそれを聞いた道三と高政が戦うことになりました。 十兵衛は、また終わ … 大河ドラマ『麒麟がくる』の第16話では、道三と高政は対立して今にも戦が始まろうとしていた。戦を止めるために光秀は尾張に向かい帰蝶に戦を止めるよう説得するが帰蝶は弟の孫四郎に協力しなかった光秀に対する不信感が募っていた…。麒麟がくる 15話あ 麒麟がくる第16話 感想あらすじ「大きな国」麒麟がきた こちらは2ページ目になります。 1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。 麒麟がくるの16話「大きな国」の視聴率は16.2%でしたね。16話のあらすじをまとめました。 美濃の国が分断されて、道三と義龍はいつ争いを始めてもおかしくない状態です。 そんな中、義龍は自分が土岐氏の血を受け継いでいると言いふらしていることで道三はいよいよ 戦いを決心します。 「麒麟がくる」16話視聴率 「麒麟がくる」16話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します! 高政が美濃の守護代になった。尾張との盟約、正室の子の存在。父・道三が残した負の遺産だと思っていた。 「麒麟がくる」16話あらすじ 麒麟がくる第16話 感想あらすじ「ノッブは援軍を出す気なし」 信長はその話を裏で聞いていて、帰蝶の話も分かるし光秀の言い分も分ると 長渕剛 ( ながぶちつよし ) の歌みたいな事を言い、でも道三は戦をしない方が賢明だと言います。 麒麟がくる16話の大きな国の感想とまとめを記事にしました。 息子・高政と戦いをする道三をなんとかやめさせようと説得する十兵衛さん。 しかし、家督を高政に譲った間違いを正し、大きな国をつくりたいという道三をとめることができませんでした。