『40~50代女性向け、捨てるべき洋服の特徴まとめ』について解説していきます。(アラフォー)40代になってくると、クローゼットの中を整理したいという女性も多いです。今回はそんな女性向けに「捨てる服・残す服」を、選別する方法について紹介します。 冬の服を買い揃えたところで、服の枚数を数え、公開します。現在わたしの服の数は全部で77着になりました。 ミニマリストで77着は多いと思われるかと思います。ですが、意外とそうでもありません。季節外の服や、予備の服も含めての77着です。冬物だけなら20着程度です。 50代女性の服選びが非常に難しくなっているのが過去を引きずっているからだと言います。 ”昔は細かった” ”痩せれば似合う”などと思っていたりしますが、昔よりも贅肉も付き腕も足もお腹周りも太くなり体型の変化を受け入れることが大事だといいます。 女性の服は流行がすぐに移り変わり、欲しいものも次から次へと出てきてしまいます。追い討ちをかけるように始まる夏の大バーゲン。あの服もこの服も、安くなったからやっと買えた!と思い、いざしまおうとするとクローゼットに入りきらない・・・!

実は80%も減らせる服の枚数。クローゼットの減らない服を上手く捨てる方法は?捨てた後にすっきり後悔しないコツは?本当に必要なのはたった10着!男性も女性も必見!今話題の断捨離で服の処分方法をご紹介!成功者によるその後の効果もお教えします!