ヘッダファイルが、calc.h、showResult.hの2つに別れ、それぞれのヘッダファイルに対応する実装が、calc.c、並びにshowResult.cに記述されているのがわかると思います。 ただ、問題は、グローバル変数ansの対応方法です。 しかし、逆にヘッダ・ファイルでクラスを宣言し、メンバ関数の実体をcppファイルで定義する人も多いです。むしろ、こちらの方が多いかも知れません。必要が有るわけでもない時にこのようにするのはC言語時代からの習慣ではないかと思います。 ヘッダファイルの作り方は、ヘッダの中にテンプレート関連のコードを入れるかどうかで、その作成方法がかなり異なった様相を呈します。ここでは、テンプレートのあるなしを場合に分けて解説します。 ヘッダ作りの基本的事項(非テンプレートの場合) ヘッダファイル c++のテンプレートについて色々調べた時のメモです.

... クラステンプレートのメンバ関数は、長い関数であってもヘッダに定義を記述する。 読み方. 第5章 標準入出力関数(1) 標準入力(キーボードからの入力)、標準出力(画面への出力)を行う標準ライブラリ関数のうち、特に使用頻度の高い、printf() と scanf() について説明します。 簡単には[Templates]から[Standard]または[Style Cop]を選択し、ヘッダテンプレートのベースを選択します。StandardはC,C++風、StyleCopはXMLのC#風ベースです。 Feedback列に「値をいれてください」と出てくるものはValue列に値を入れます。 ヘッダファイルの見た目がグッとシンプルになった。クラス c のメンバが一目瞭然である。 1.

Step2.Headerのテンプレートを構成する. C++のヘッダファイル (header file, インクルードファイル, include file)とは、拡張子に .hpp, .h, .hxx, .tcc 、もしくは、拡張子なし(iostream, string等)のファイルで、マクロの定義、関数やクラスのプロトタイプ、テンプレートを記述するファイルです。.
... ・実装を含めたすべての情報が必要となるため、宣言と実装はすべてヘッダファイルに書く必要がある. テンプレートとは、ざっくり言うと型を抽象化した関数やクラスのことです. C plusの推奨環境・よくある質問と回答について 中央大学 推奨環境・よくある質問と回答については以下ををご参照ください。