手ぶれ補正に関しては、iAutoになっていれば(デフォルトではそうなっているはず) 自然にアクティブ手ぶれ補正になっています。 普通はこれで困ることはないと思います。 横着な自分は三脚につけてもそのままなこともあります(^^;)。 sony独自の手ブレ補正で、レンズとセンサーが一体型になっています。 「hdr-cx680」には、インテリジェントアクティブモードも搭載されていますのでカメラが動いても、ブレを補正 … hdr-cx680を使った作例がsonyの公式サイトにあったので、紹介します。 hdr-cx680の空間光学式手ぶれ補正を使うと、子供の顔の輪郭まではっきりと写ることがわかりますね。 反対に、従来の光学式手ぶれ補正で撮影した映像はブレてしまっています。

1 hdr-cx680の内容物と外観; 2 hdr-cx680の接続端子やボタンなどを解説; 3 hdr-cx680を実際に使ってみた使用感など. 空間光学手ぶれ補正とは. hdr-cx680を使った 外撮りで手振れ補正が効いてそうな動画 がありました。 見ていただけるとわかりますが、手ぶれもなく綺麗な動画になっています。 手ぶれ補正が強力で軽くてコスパが高いソニーの hdr-cx680 を選びました。 cx470の方が安くて軽いんですがcx680の方がベーシックモデルなので 安全・安心を考えてチョイス。 cx470はcx680と比較して 人気のhdr-cx680を購入。cx470を選ばなかった理由. 今回はビデオカメラ「sony hdr-cx680」を買った際の必須セットを紹介。エントリーモデルとして最高のコスパを発揮するこの機種の付属品を見ていきます。hdr-cx680「初めてビデオカメラを買う人」「4kは要らないから綺麗に撮りたい人 hdr-cx680は 空間光学手ぶれ補正 があり、カメラが動いてもズームしても、手ブレをおさえて安定した映像を撮影することができます。 また一緒に、バッテリー・充電器・ケースがセットになった アクセサリーキット(ACC-TCV7C) も購入しました。