Windows10 の自動起動を止める方法は、スタートアップの無効だけではありません。スタートアップ以外にも設定の場所があり、他スタートアップ フォルダー、レジストリー、サービスで管理されています。 これら4つの自動起動の設定を解説。 Windows 10には Webブラウザとして Microsoft Edge と Internet Explorer 11(IE11) がはじめからインストールされています。 しかし、デフォルトではMicrosoft Edgeが標準ブラウザとなっているのでInternet Explorer 11(IE11)をあえて無効にする必要はないかもしれません。 Windows10でスタートアップ設定(無効化・追加)を行う方法を紹介します。 スタートアップとはWindows起動と同時に任意のソフトウェアを自動で起動させる設定です(ソフト例:Skype,Office,ブラウザ,エクスプローラー等)。. インターネットオプションで自動クラッシュ回復機能を無効にする→再起動をしてみても駄目でした。 自分なりに解釈した結果、IE11を開いたままシャットダウンすると起動時に復元するのは高速スタートアップの影響かなと思い、次のことをしました。 Windows10の「スタートアップ フォルダ」の場所およびスタートアップにアプリやファイルを登録する方法の紹介。設定方法、無効方法、設定時の注意点など、その他ちょっとしたTipsなども紹介していま … スタートアップを無効にしたい、アプリなどの「オン」ボタンをクリックして「オフ」にすれば完了です。 次回コンピューターを起動した時に「無効」にされたものは、自動起動しなくなります。 Internet Explorer を無効にするには、次のいずれかの方法を使用します。 注 同じコンピューターでプログラムを復元する場合は、最初に使用したものと同じメソッド(コントロールパネルまたは DISM )を使用することをお勧めします。.

PCの起動時に、IEを自動的に起動させたいのですが、どのようにすればよいでしょうか。OSはWindows7です。(XPでは起動させたいsoftのショートカットをスタートか何かのフォルダに入れておけばよかったと記憶しているのですが、Win7では 普段使わないソフトは無効にしておいたほうがWindowsの起動が早くなる … Windows10の高速スタートアップを無効にする方法の紹介。高速スタートアップの無効設定は、「PCの調子が悪い時、パーツの交換、外付け機器を複数のPCで使いまわす」などの使い方をする場合に利用し …


と言いたいところですが、あまり使用しないプログラムが起動しているとメモリなどのリソースを圧迫してしまうので、使用頻度の低いプログラムのスタートアップは無効にしておきましょう。 スタートアップの有効/無効 高速スタートアップを無効にして動作を確認することで、高速スタートアップの設定が要因になっているかを切り分けることが出来ます。 高速スタートアップを無効にする手順は以下の通りです。 <手順> 1.