以下のマクロは、本文に様々な書式設定の文字列を書き込むサンプルです。 ' ここをトリプルクリックでマクロ全体を選択できます。 Public Sub WriteRichTextToBody() Dim wrdEditor As Object ' Word.Document ' Word のコンポーネントを取得 Set wrdEditor = ActiveInspector.WordEditor Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定. 【書式】 object.Characters (start, length) object.Characters (Start:= start, Length:= length) 引数・戻り値 . object ・・・ 対象となる Range オブジェクトなど を指定します。 start ・・・ 取得する文字の開始位置を指定します(1 文字目が、1 となります)。省略すると、先頭文字から始まる文字列範囲を返し … Excel VBA マクロの CreateObject 関数を紹介します。CreateObject 関数は、ActiveX オブジェクトの参照を作成して返します。VBA の参照設定をしないで ActiveX オブジェクト [FileSystemObject など] を使用したいときに使用します。 ドキュメントの線、図形、グラフ、SmartArt グラフィック、画像に適用される 3 次元 (3-D) 効果をカスタマイズするには、[オブジェクトの書式設定] ダイアログ ボックスのオプションを使います。 ActiveWorkbook.Names("mySortRange").Delete. 条件付き書式 /数値の表示形式 /日付・時間の表示形式; Excel(エクセル)の関数・数式の使い方. 引数・戻り値 . Name Type Default Description; id: string: 列の一意の識別子。 caption: string: optional. Excel VBA マクロの CreateObject 関数を紹介します。CreateObject 関数は、ActiveX オブジェクトの参照を作成して返します。VBA の参照設定をしないで ActiveX オブジェクト [FileSystemObject など] を使用したいときに使用します。 【書式】 object.Name. 列ヘッダの表示名を設定します。連結された列の場合、デフォルト値はdataFieldの文字列です。 オブジェクト変数の使用場面やその宣言、Set ステートメントによる参照の格納について説明します。オブジェクト変数を使用すると、コードのメンテナンス性・可読性を向上させることができますので、積極的に使用していきましょう。 ネットワークオブジェクトの設定 (config)# object network name (config-network-object)# host ip-address | subnet net-address net-mask | range ip-address 設定例 : “LAN1” という名のネットワークオブジェクトに、「 192.168.1.0/24 」 のネットワークを割り当てる設定 Field オブジェクトは、列(フィールド)に対応 レコードの設定・取得には、Value プロパティ フィールド名取得には、Name プロパティ Type プロパティ、Precision プロパティ、NumericScale プロパティ、DefinedSize プロパティ、ActualSize プロパティ 引数・戻り値. object ・・・ 対象となる Index オブジェクト を指定します。 インデックス名を表す文字列型(String)の値を取得および設定します。 Columns コレクション 【書式】 object.Columns <Append メソッド> object.Columns.Append Column. コレクション オブジェクトおよびコレクション内のオブジェクトを書式設定します。このパラメーターは、ICollection (System.Collections) インターフェイスをサポートするオブジェクトを書式設定するために用意されました。既定値は EnumOnly です。 Range("A1").Font.Name = "MS Pゴシック" 設定可能なフォントはExcelの「セルの書式設定」で選択可能なフォント名が指定可能です。 次にフォントのサイズを変更してみます。変更するにはFontオブジェクトの「Size」プロパティにフォントサイズを数値で設定します。 ネットワークオブジェクトの設定 (config)# object network name (config-network-object)# host ip-address | subnet net-address net-mask | range ip-address 設定例 : “LAN1” という名のネットワークオブジェクトに、「 192.168.1.0/24 」 のネットワークを割り当てる設定 名前自体の名前を取得したり、設定したりするには、Name プロパティを使用します。次の使用例は、作業中のブックの最初の Name オブジェクトの名前を変更します。 Names(1).Name = "stock_values"