大人になってからadhd(注意欠如・多動性障害)の特徴との付き合い方を困難に感じる人は多いそうです。仕事や日常生活のさまざまな場面で出会う困難に、どう対処すればよいのでしょうか。adhdの大人が仕事で困っていることや、困りごとに対して行っている対処法を紹介します。 社会人になり、仕事や職場の人間関係でさまざまな困難を感じるようになった盛岡さん(仮名・20歳代)は、自ら発達障害を疑い、病院を受診しました。adhdの治療を開始してからは、落ち着いて仕事に取り組めるようになりました。 adhdによる職業上の困難を抱えている人は大勢います。あなたも、いまの職業を続けられるのか、この就職先で大丈夫かといった悩みを抱えていませんか?本記事では、adhdの方に向いている職業から、仕事探しをするときのポイントまで、徹底解説します。 発達障害の中でも、本記事ではadhdに特化して、症状やそのメカニズム、病院での診断方法や薬物療法などの治療。そして、個性を活かした働き方や公的機関による支援と、周囲の方に向けた合理的配慮などadhdの人との接し方のポイントについてご紹介します。