1.iPhoneも無縁ではない乗っ取り被害 ・1-1.iPhone乗っ取りとは? ・1-2.iPhoneが乗っ取られた時の主な現象 ・1-3.iPhone乗っ取りの目的 2.iPhoneが乗っ取られていないか調べる方法 ・2-1.身に覚えのないメールアドレスに対してサービス追加の通知が来ていないか調べる ~@softbank.ne.jp)を入力し、確認メールが送られたのですが、Appleからのメールが受信できない状態です。 GmailからMMSメールのアドレスにメールを送るとiphoneで問題なく受信できましたので、MMSメールの設定は問題ないと思います。 iPhoneには2ファクタ認証は、故障・機種変更・紛失によって本人なのにApple IDにサインインできない状況に陥ってしまうケースがあります。特にスマホの機種変更をする際に起きやすいトラブルです。 本記事では、iPhoneで2ファクタ認証ができなくなってしまった時の対処法を紹介します。

そこで今回は、2ファクタ認証の解除方法と確認コードが届かない場合の対処方法を紹介します。 2ファクタ認証を有効化する方法 2ファクタ認証自体はiOS9以上のiPhoneやiPadを使っている人でしたら設定して有効化することができます。 なるほどです。 2ファクタ認証の確認コードがsmsで送られてくることは、正常な機能の一つです。 2ファクタ認証の確認コードの表示に対応していないosを使っているユーザーは、登録した信頼できる電話番号にsmsや音声で確認コードを送信できるようになっています。

パスワード入力後、iphoneに送られた確認コード(6桁)を入力しても、 新たな確認コード入力画面(空欄)に切り替わり、 iphoneには新しい確認コードが届き、 何度やり直しても永遠にログインできません。 スカイプからパスワード変更の際、 「確認コードを *****@‎ ***** に送信します。お使いの電子メール アドレスであることを確認するために、確認コードを下に入力してください。」 というところまで行き着いたのですが、いくら待っても、何回送信を行っても確認コードが送られてきません。