lineの通話は無料通話じゃない!?lineだけ無料通話が実現できるっておかしいと思いませんか?ドコモやソフトバンクといったキャリアはどうして無料にできないんでしょうか?無料通話という言葉に隠された真実に迫ります。 ぼくの周りにはちょっと line 通話の仕組みを勘違いしている人がいるので、今回の記事を書いた次第。今回は電話回線とline通話の違い「line 通話って無料じゃないの? いつも着信側なのに通信量が減るんだけど? なんでなの??」という内容でお送りします。 lineの便利機能である無料通話ですが、電話が本当に無料なの?という疑問を持つ方も多いですよね。電話が無料になる仕組み、心配される通信料や料金の事、通知音や着信音の設定、通話音声の質など、lineの初心者にもやさしく使い方を解説します。 LINEの無料通話は、本当に無料ですか? Wi-Fi等に接続していない場合はインターネット回線を利用するので、通信する上でのパケット通信料はかかります。それを除けば無料。Wi-Fi等を使っていれば通話自体は完全無料です。 「lineで電話すると料金が無料」という言葉、一度は耳にしたことがあるでしょう。果たして本当に料金無料なのでしょうか?通常の電話とline無料通話は何が違い、通信量も違いがあるのか気になりますよね。line無料通話の仕組みと通信量の目安について見てみます。 lineには無料で通話が出来る無料通話という機能があり、line同士であれば料金を気にすることなく通話が可能になるのでとても便利な機能だと言えます。しかし無料通話を利用した場合には実際には通話料金ではなくパケット料金という費用が発生しており lineの無料通話って便利だからよく使うけど本当にタダ?実はデータ通信量がかかっています。かけた側と受けとった側で料金は変わる?月額の通信量っていくらくらい?それではline通話が無料の理由と、通話によってかかるデータ通信量について詳しく解説していきます。 今回は「line無料通話でかかるパケット通信料」についてご紹介をします。lineの無料通話って、無料と書いているのに実は無料じゃなかったんです。 ネットし放題やデータ定額の申し込みをしてる人であれば、文字通り無料なのです・・・