それは、読みたいWebページをあらかじめ「リーディングリスト」に保存しておくという方法。 これなら、いつでもどこでも好きなときにWebページの閲覧が可能だ。 保存方法はとても簡単。ここではiPhoneを使って、SafariとChromeで保存する方法を紹介しよう。 そのため、Chromeを使ってWebページをダウンロードしておき、オフライン(圏外など)でも閲覧できるようにしておくと便利です。 iPhoneでは Safari を使って同様のことができます。 この記事では、Androidスマホの標準ブラウザといえる「Google Chrome(グーグルクローム)」を利用しているユーザー向けに、表示しているウェブページをスマホに保存しておき、オフラインでも閲覧できる方法を詳しく解説します。

ChromeでWEBページを見る時、後で読みたいときもあります。しかし、後で見てもページが更新されている場合もあり、できればオフラインモードで見られる状態で保存したいでしょう。ChromeのWEBページをオフラインモードで閲覧する方法をご紹介します。 スマートフォンの[Chrome]アプリでWebページをダウンロードすれば、電波の届きにくい場所やオフラインでも読めます。後で読みたいWebページやブックマークする代わりに保存するのにも最適です。

あなたが普段から見ているWEBページをPDFとしてiPhoneに保存して、いつでもオフラインで読む方法を紹介します。WEBページをPDFとして保存する先は、iPhoneアプリのFiles(ファイル)とiBooks(ブックス)の2つから選べます。

webサイトをオフラインでの見れる機能が、個人的にとても非常に魅力的だったので、記事にしてみました。実は、この機能はiPhoneのデフォルトで用意されています。皆さま、iPhoneのリーディングリストを使った事はありますでしょうか?オフライ